平成27年度
成長分野等における
中核的専門人材養成の戦略的推進事業

 グローバルIT 富山情報ビジネス専門学校

活動報告

委員会

事務局会議

日時平成27年9月12日(土)14:00~16:00(経理処理等) 平成27年9月13日(日)10:00~11:00(事業進行等)
場所富山情報ビジネス専門学校 (富山県射水市)

アジェンダ
出席者

4名

検討事項

(1)経理処理について

①委託経費および委託対象外経費の確認

②謝金に関する預り金の取り扱い

③旅費に関する預り金の取り扱い

④飛行機利用者への対応

⑤新幹線利用者への対応

⑥海外渡航に関する支払い範囲の確認

⑦その他税法上の確認

 

(2)事業進行について

①各委員会のスケジュール確認

②会場選定基準の確認

②会議資料作成役割の確認

③出欠管理に関する確認

④その他、マイナンバー制度の導入に対する対応等

 

 

以上 

第3回合同委員会

日時平成28年2月9日(火)9:00~10:00
場所中野サンプラザ (東京都中野区)

アジェンダ
出席者

委員18名 事務局1名

議事の経過及び結果

(1)事業成果報告内容説明

山田委員より事業成果報告の概要をについての説明が述べられた。

(2)次年度実施内容について

次年度実施内容について委員間で意見交換が行われた。

 

以上 

第3回評価委員会

日時平成28年2月2日(火)15:00~17:00
場所富山情報ビジネス専門学校 (富山県射水市)

アジェンダ
出席者

委員5名

議事の経過及び結果

(1)事業評価報告書説明

知切委員より事業評価報告書ついて説明が行われ、質疑応答が行われた。

(2)次年度実施内容について

次年度実施内容について、委員間で意見交換が行われた。

 

以上 

第2回合同委員会

日時平成28年1月26日(火)14:00~17:00
場所富山情報ビジネス専門学校 (富山県射水市)

アジェンダ
出席者

委員32名 事務局2名 発表者24名 引率者1名

議事の経過及び結果

(1)開会挨拶

山田委員より実証講座成果発表会の位置づけ、進行についての説明が述べられた。

(2)実証講座概要説明

勤桑委員より実証講座の時期、体制、内容、結果が述べられた。

(3)各チーム発表

各チームより15分間の実証講座成果についての発表が行われ、5分間の質疑応答が行われた。6チームが発表を行った。

(4)意見交換

各委員より実証講座についての意見交換が行われた。

(5)講評

浦山委員長より実証講座及び成果発表会についての講評が述べられた。

 

以上 

第2回評価委員会

日時平成28年1月19日(火)15:00~17:00
場所富山情報ビジネス専門学校 (富山県射水市)

アジェンダ
出席者

委員4名

議事の経過及び結果

(1)教材開発状況説明

勤桑委員より教材の開発状況について説明が行われ、質疑応答が行われた。

(2)実証講座実施内容説明

勤桑委員より実証講座結果について説明が行われ、質疑応答が行われた。

(3)事業評価案説明

知切委員より事業評価案ついて説明が行われ、質疑応答が行われた。

 

以上 

第3回開発・第3回実証委員会

日時平成27年12月18日(火)15:00~17:00
場所グランドヒル市ヶ谷 (東京都新宿区)

アジェンダ
出席者

委員15名

議事の経過及び結果

(1)海外協働アプリ開発教材について

勤桑委員より海外協働アプリ開発教材の開発状況について説明が行われた。

(2)指導教員用教材について

勤桑委員より指導教員用教材の開発状況について説明が行われた。

(3)海外協働アプリ開発教材実証講座について

黒田委員より実証講座の実施概況が説明された。その後、実証講座参加団体より実証講座の状況について説明と質疑応答が行われた。 

(4)Eラーニング教材について

田村委員よりEラーニング教材の開発状況について説明が行われた。

(5)Eラーニング教材実証について

実証講座参加団体よりEラーニング教材実証講座の状況について説明と質疑応答が行われた。

(6)PROGテストについて

山田委員より実証講座実施後のPROGテストの実施について説明が行われた。

(7)実証講座の共有

平成28年1月26に実施する合同委員会に於いて、今回の実証講座に参加した6チームの協力者に実施内容の発表を求めるとともに意見聴取・共有を行うこととした。

(8)その他

本年度の実証講座に参画できなかった学校からの要望および本事業のカリキュラム導入を促進することを目的として12月21日~1月21日の間で出張授業を行うこととした。出張先は高知情報ビジネス専門学校、国際電子ビジネス専門学校、麻生情報ビジネス専門学校。

 

以上 

第2回開発・第2回実証委員会

日時平成27年10月20日(火)13:00~14:30
場所富山情報ビジネス専門学校 (富山県射水市)

アジェンダ
出席者

委員16名

議事の経過及び結果

(1)教員用教材実証講座振返り

実証講座を受講した委員より実証講座についての意見が述べられた。

(2)アプリ開発実証講座について

アプリ開発実証講座参加団体より実証講座の状況について説明と質疑応答が行われた。

(3)Eラーニング教材について事業内容説明

田村委員、中嶋委員よりEラーニング教材の開発状況と今後の運営方法について説明と質疑応答が行われた。 

 

以上 

第1回評価委員会

日時平成27年10月9日(金)15:00~17:00
場所富山情報ビジネス専門学校 (富山県射水市)

アジェンダ
出席者

委員5名

議事の経過及び結果

(1)委員会、スケジュール説明

山田委員より評価委員会の役割とスケジュールについて説明が行われ、質疑応答が行われた。

(2)教材開発状況説明

勤桑委員より教材の開発状況について説明が行われ、質疑応答が行われた。

(3)実証講座実施内容説明

勤桑委員より実証講座内容について説明が行われ、質疑応答が行われた。 

 

以上 

第1回実証委員会

日時平成27年8月28日(金)15:00~17:00
場所グランドヒル市ヶ谷 (東京都新宿区)

アジェンダ
出席者

委員13名

議事の経過及び結果

(1)委員会、スケジュール説明

山田委員より実証委員会の役割とスケジュールについて説明が行われ、質疑応答が行われた。

(2)実証講座実施内容説明

勤桑委員より実証講座内容について説明が行われ、質疑応答が行われた。

(3)実証講座参加団体について

富山情報ビジネス専門学校、盛岡情報ビジネス専門学校、中央情報経理専門学校高崎校、穴吹コンピュータカレッジ、富山県立大学、日本ソフテックが実証講座に参加することが確認された。

(4)指導教員養成講座実施について

10/19~20に富山情報ビジネス専門学校で指導教員養成講座を実施することを確認した。

(5)事前講座実施について

9/16~9/25の期間内に国内の実証講座参加団体にて、9/30~10/1にマカティ大学にて、それぞれ事前講座を実施することを確認した。

(6)PROGテスト実施について

実証講座参加者及び同団体の非参加者を対象に実証講座の前後で、PROGテストを実施することを確認した。

 

 

以上 

第1回合同委員会

日時平成27年8月11日(火)15:00~17:00
場所ANAクラウンプラザホテル富山

アジェンダ
出席者

委員33名 事務局3名

議事の経過及び結果

(1)開会挨拶

浦山実施委員長より文科省委託事業の位置づけ、状況についての説明と本事業への期待、想いが述べられた。

(2)委員紹介

各委員より自己紹介と本事業への期待、想いが述べられた。

(3)事業内容説明

山田委員より今年度の事業内容の説明および報告が行われた。具体的な内容は以下の通り

①. 8月2~5日のマカティ大学(フィリピン)訪問により、本年度の連携内容が概ね合意された。

②. マカティ大学と協同開発を行う学校等には、プロジェクト実施前に事前授業を実施する。

③. 指導教員用教材の実証講座を10月中旬に実施する。

④. 9月下旬にマカティ大学のIT環境の確認、プロジェクト協力者の選定および事前学習のために再訪する。

(4)スクラム開発技法説明

勤桑委員、田村委員よりスクラム開発技法の概要、活用方法の説明が行われた。

(5)e-learningシステムの紹介

中嶋委員より本事業で使用するe-learningシステムの説明が行われた。

(6)質疑応答

事業内容、スクラム開発技法について質疑応答が行われた。

 

 

以上 

第1回開発委員会

日時平成27年7月31日(金)16:00~18:00
場所富山情報ビジネス専門学校

アジェンダ
出席者

委員7名

議事の経過及び結果

(1)Eラーニング教材コンテンツ説明

田村委員よりEラーニング教材のコンテンツ案について説明が行われ、質疑応答が行われた。

(2)Eラーニングシステム説明

中嶋委員よりEラーニングシステムのデモと教材作成方法について説説明が行われ、質疑応答が行われた。

(3)実証講座案説明

山田委員より教材の実証講座としてマカティ大学との連携について説明が行われ、質疑応答が行われた。

(4)開発環境説明

勤桑委員、黒田委員よりアプリ開発環境について説明が行われ、質疑応答が行われた。

以上 

 

ページトップへ